東北社会学会・環境社会学会共催シンポジウム(7/17、オンライン)「環境社会学×リスク社会論――東日本大震災後の自己責任論に抗うために」開催

テーマ:環境社会学×リスク社会論――東日本大震災後の自己責任論に抗うために
日時:2021年7月17日(土)13:30-17:00
会場:Zoomによるオンライン開催
(参加登録いただいた方にZoomのURLをご連絡いたします)
参加費:無料
参加登録:東北社会学会ホームページより事前登録が必要
東北社会学会ホームページ https://tohoku-sociology.org/
参加登録期間:7月1日(木)から7月12日(月)

【趣旨概要】
東日本大震災から10年を迎えた現在、被災地域やその人びとの生活は、被災直後の
危機的状況からみれば確かに大幅に改善された。だがその一方で、震災からの「復興」に
関しては、地域間で格差が生じていることや「復興」から取り残される人びとの存在が
繰り返し指摘されてきた。
こうした地域や人びとをめぐる問題は、この10年間、解消されるどころか自己責任論の
もとで切り捨てられ、苦しい人びとにさらなる自助努力が要請される状況が生じている。
しかもこうしたことは、東日本大震災に関してにとどまらず、ネオリベラリズム志向を
強める現在の日本社会のそこかしこで生じている。
こうした状況をふまえ、課題報告では「東日本大震災後の自己責任論に抗うために」を
テーマに、責任を問う際の拠りどころのひとつである「被害」への着目を出発点として、
環境社会学とリスク社会論の観点から社会的責任についての検討を試みたい。

【報告】
金子 祥之(東北学院大学)「原発災害被災地における集落共同の変質
-冠婚葬祭からみた集落の選択と苦難-」
福永 真弓(東京大学)「リスクを「わたくしごと」化させる文法に抗うために」
小松 丈晃(東北大学)「リスクと責任―東日本大震災後10年のリスク論の課題―」

【コメント】
除本 理史(大阪市立大学)
正村 俊之(大妻女子大学)

【司会】
青木 聡子(名古屋大学)
大門 信也(関西大学)