『環境社会学研究』 創刊号

特集 環境社会学のパースペクティブ
環境問題への社会学的視座─「社会的ジレンマ論」と「社会制御システム論」 舩橋晴俊 5
環境社会学の所有論的パースペクテイブ─「グローバル・コモンズの悲劇」を超えて─ 池田寛二 21
有機農業運動の展開と環境社会学の課題 桝潟俊子 38
環境社会学とはなにか─米国でのパラダイム論争再考─ 満田久義 53

小特集 環境社会学へのまなざし
Toward the Internationalization of Environmental Sociology : An Invitation to Japanese Scholars
環境社会学の国際化に向けて─日本の環境社会学者へ─ R.Dunlap 73
韓国の環境社会学─東アジアの<環境連合>形成のために─ 李時載 86
足もとから地球環境問題を考える 宮本憲一 90
環境社会学に期待するもの 宇井純 96
環境社会学と社会科学諸領域との協働 淡路剛久 100
環境問題と社会科学の総合性 植田和弘 103
地球環境問題と社会学の再生 米本昌平 107
環境と文化─deep ecology批判─ 加藤尚武 111

論文
ごみ処理有料化の合意条件─仙台市における意識調査の計量分析─ 阿部晃士・村瀬洋一・中野康人・海野道郎 117
環境問題をめぐる状況の定義とストラテジー─環境政策への住民参加/滋賀県石けん運動再考─ 脇田健一 130
環境保全活動を担う人々 青柳みどり 145

研究ノート
「関川水俣病」問題Ⅰ─新潟県におけるもうひとつの「水俣病」─ 関礼子 161
「関川水俣病」問題Ⅱ─被害状況と問題隠蔽の構造 渡辺伸一 170
「社会的ジレンマとしての環境問題」の批判的検討 井上孝夫 178

資料調査報告
ネパール・ヒマラヤ・シェルパ族の環境利用─ジュンベシ=バサ谷におけるトランスヒューマンス─ 稲村哲也・古川彰 185
ごみ処理と渇水問題に関する市民意識─生活と環境に関する松山市民意識調査結果概要─ 小松洋 194