『環境社会学研究』 第4号

特集 環境運動とNPO(民間非営利組織)
環境NPO(民間非営利組織)の制度化と環境運動の変容 寺田良一 7
“環境のみつめかた”、市民の環境研究への参加とエンパワーメント─民間財団の助成プログラムの事例から─ 萩原なつ子 24
環境運動/環境理念研究における「よそ者」論の射程─諌早湾と奄美大島の「自然の権利」訴訟の事例を中心に─ 鬼頭秀一 44
「リスク社会」の到来を告げる住民投票運動─新潟県巻町と岐阜県御嵩町の事例を手がかりに─ 成元哲 60

小特集 環境NGOと温暖化防止京都会議
市民活動の役割と可能性─「気候フォーラム」の1年でみえてきたもの─ 浅岡美恵 77
議定書交渉を動かした国際NGO 松本泰子 81
京都会議に向けた1年─国際NGOでの経験─ 鮎川ゆりか 85
地域NGOと京都会議 北條祥子 89

論文
遺伝子組み替え作物をめぐる環境問題と科学技術の相互的構築 大塚善樹 93
所有論からみた環境保全─資源および途上国開発問題への現代的意味─ 嘉田由紀子 107
重層的な環境利用と共同利用権─ソロモン諸島マライタ島の事例から─ 宮内泰介 125
環境運動における抗議サイクル形成の論理─構造的ストレーンと政治的機会構造の比較分析(1968-82年)─ 中澤秀雄・成元哲・樋口直人・角一典・水澤弘光 142
村落共同体における環境管理─山林・水利慣行にみる共同体住民の環境への主体的な関わり─ 橋本文華 158
アメリカ環境社会学とパラダイム論争─「パラダイム転換としての環境社会学」再考─ 谷口吉光 174
原子力発電所建設問題における住民の意思表示─新潟県巻町を事例に─ 山室敦嗣 188
水俣病発生地域における差別と抑圧の論理─新潟水俣病を中心に─ 渡辺伸一 204
捕鯨問題における「文化」表象の政治性について 渡邊洋之 219

研究ノート
沖縄における土地改良事業にともなう赤土流出─石垣島宮良川土地改良事業を事例に─ 家中茂 235