『環境社会学研究』 第7号

特集 環境政策と環境社会学
地球温暖化防止政策と環境社会学の課題―ポリティックスからガバナンスへ― 池田寛二
環境問題とコミュニケーション―環境法政策への社会学的寄与― 樫澤秀木
総合化と協働の時代における環境政策と社会科学―環境社会学は組織者になれるか― 柿澤宏昭
環境自治のしくみづくり―正統性を組みなおす― 宮内泰介

小特集 環境パートナーシップの現状と課題:環境政策の現場から
愛知万博における市民参加の熟度 萩原喜之
「協働」の実験場から―環境パートナーシップオフィスの5年間― 川村研治
体験型の環境モデルの意義と課題―地球デザインスクールの経緯から― 桜井俊彦

研究動向
環境運動と環境政策の35年―「環境」を定義する公共性の構造転換 中澤秀雄

論文
アメリカの高等教育機関における環境学の制度化と課題 佐藤仁
住民の狩猟と自然保護政策の乖離―セレンゲティにおけるイコマと野生動物のかかわり 岩井雪乃
保護獣による農業被害への対応―「奈良のシカ」の事例 渡辺伸一
伐採フロンティア社会におけるコモンズの構築―フィリピンのCBFM事業をめぐる住民意識調査から 関良基
環境アセスメントと市民参加―愛知万博の環境アセスメントを例に― 石原紀彦
公共事業見直しと立ち退き移転者の精神的被害―岐阜県・徳山ダムの事例より― 浜本篤史
事業計画における審議会公開の果たす役割―吉野川可動堰建設計画を事例として― 升田尚宏

資料調査報告
事業系一般廃棄物処理の現状―阪神間業者の聞き取り調査から― 杉本久未子