『環境社会学研究』 第8号

特集 エネルギー転換の社会学
歪められた「自然エネルギー促進法」―日本のエネルギー政策決定プロセスの実相と課題― 飯田哲也
エネルギー政策の転換と市民参加―実質的政策転換の再評価の試み 田窪祐子
自治体エネルギー政策の構築に向けて 田中 充
バイオエネルギーからみた社会認識の潜勢力―分権化が開くエネルギー転換の可能性― 小池浩一郎

小特集 エネルギー転換の現場から
市民風車とグリーンファンド 鈴木享
風力発電の進歩―エネルギー転換の社会学・実験現場から― 清水幸丸
「菜の花プロジェクト」から見えるもの―地域自立の自然循環型社会の地域モデル― 藤井絢子
市民の力で推進されるドイツのエネルギー転換 今泉みね子

研究動向
環境社会学の源流と動向―京都環境社会学国際会議を終えて― 満田久義

論文
ドイツ原子力政治過程の軌跡と力学 本田宏
ソロモン諸島における商業伐採の導入と新たな開発観の形成‐ウェスタン州マロヴォラグーン、ガトガエ島ビチェ村の事例‐ 田中求
「フロン回収・破壊法」制定へと至るNPOの果たした役割 朝井志歩
地域環境ボランティア組織における自立と連携 霧浦森平・山添史郎・塚本利幸・野田浩資
かつお節製造における里山林利用―鹿児島県南薩地区を事例として―・ 北村也寸志
遺跡保存における土地利用秩序の共同性と公共性―佐賀県吉野ケ里遺跡保存における公共性構築― 牧野厚史

研究ノート
巨大公共事業における紛争処理の問題点と紛争解決の可能性―九州新幹線鹿児島ルート建設にかかわる諸問題を手がかりに― 角一典

資料調査報告
中国政法大学公害被害者法律援助センターの電話相談記録 相川泰

特別寄稿
飯島伸子先生の歩みと環境社会学の方法 舩橋晴俊