『環境社会学研究』 第9号

特集 農と暮らしのディスクール
グローバリゼーションの時代の食・農・環境と循環型社会 古沢広祐
「在地性」の視点から農山村を考える 藤村美穂
「食と農の分離」における「専門家と素人の分離」 大塚善樹

小特集 農と暮らしの現場から
参加から“地産地消”を考える 吉野馨子
台所と農をつなぐ-山形県長井市の循環型まちづくりの実践- 菅野芳秀
「照葉樹林都市」・綾からの発信 郷田美紀子
遺伝子組み換え作物に市民はどう立ち向かえるか 牧下圭貴

特別寄稿
Environmental Sociology : Recent Trends in the Field Riley E. Dunlap

論文
マイノリティを生みだす認識の社会的構造-拡声器騒音被害をめぐって- 大門信也
戦後日本の環境問題に対する抗議活動の動態-イベントデータによる分析- 西城戸誠
参加型森林管理における利用権と紛争-フィリピン・ボホール島の事例から- 睦好絵美子
住民投票と仮想市場法 浜本光紹
兵庫県但馬地方における人とコウノトリの関係論-コウノトリをめぐる「ツル」と「コウノトリ」という語りとかかわり- 菊地直樹
国有林野における保護林制度の政策過程 茅野恒秀
土地改良事業における水利組織の変容と再編-滋賀県大津市仰木地区の井堰親制度を事例として- 山本早苗

研究ノート
中国内モンゴル自治区における草原破壊の被害・加害構造の分析 更 叶