『環境社会学研究』 第12号

【巻頭エッセイ】日本の環境社会学の国際化

【特集・小特集】
 世界遺産 特集・小特集のことば=片桐新自

《特集論文》
 世界遺産条約のめざすもの=宗田好史
 世界遺産の保全と住民生活=才津祐美子
 シレトコ世界自然遺産へのアイヌ民族の参画と研究者役割=小野有五
 伝統の消費=野田浩資

《小特集論文》
 しれとこ100平方メートル運動から世界遺産へ=村田良介
 危機に瀕する「世界遺産」=松居秀子
 鎌倉の世界遺産登録運動=寺田篤生

【論 文】
 途上国の自然資源管理における正当性の競合=安部竜一郎
 自然公園内に受け継がれる「ヤマ」=武中 桂
 野生チンパンジーとの共存に最適な村落景観をめぐる在来知に基づいた保全モデル=山越 言
 共同利用空間における自然保護のあり方=川田美紀
 「学習」という通路:見沼たんぼ福祉農園の実践をめぐる「よそ者」論の検討=猪瀬浩平

【研究動向】
 国際社会学会(ISA)に参加して=長谷川公一
 三学会に参加して=脇田健一

【特別寄稿】
 飯島伸子文庫開設=平林祐子