『環境社会学研究』 第16号

【巻頭エッセイ】学際の難しさと環境社会学

【特 集】「災害」──環境社会学の新しい視角
災害研究のアクチュアリティ(浦野正樹)
レジリエンス概念の射程(原口弥生)
生活環境主義を基調とした治水政策論(嘉田由紀子・中谷惠剛・西嶌照毅・瀧健太郎・中西宣敬・前田晴美)
「三世代交流型水害史調査」による水害学習と地域社会・学校教育(西城戸誠)
環境社会学における自然災害研究の視角(中須 正)

【論 文】
自然環境に対する協働における「一時的な同意」の可能性(富田涼都)
入会における利用形態の変容と環境保全機能(三輪大介)
地元住民が野生動物保全を担う可能性(目黒紀夫)
地域のレジティマシーをつくるのはだれか(關野伸之)
所沢ダイオキシン公害調停運動におけるフレーム調整過程(定松 淳)
恩恵と災害リスクを包括する住民主体の流域管理に向けて(保屋野初子)

【研究ノート】
多様な価値・目的が生み出す環境管理の正当性(竹内健悟・寺林暁良)

【研究動向】
生物多様性・里山の研究動向から考える人間-自然系の環境社会学(松村正治・香坂玲)