環境社会学会は、活動の目的を「環境社会学の研究に携わる者による研究成果の発表と交流を通して、環境に関わる社会科学の発展および環境問題の解決に貢献すること」(会則第2条)と定めています。『環境社会学研究』は、このような目的を実現していくための研究成果の発表と交流の場を提供するために、1995年秋に環境社会学会の機関誌として、創刊されました。
 本誌は、環境社会学会編集委員会が編集を担当し、毎年秋に一回刊行されています。