━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■         環境社会学会メールマガジン         ■■
第60号 2005/7/6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

■ 環境3学会合同シンポジウム(名古屋大学)のお知らせ
■ 環境社会学会研究例会(関西学院大学)のお知らせ
■ 次年度春のセミナー(第33回セミナー)開催の予告
■ 学会の新会長・新役員について
■ 学会事務局の変更について
■ 公募情報 1件: 法政大学

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃環境3学会合同シンポジウムのお知らせ
┗━┛

例年行われている「環境3学合同シンポジウム」が、本年は9月に名古屋で行われます。概要は以下の通りです。

題 目:名古屋大学大学院環境研究科・環境3+2学会合同シンポジウム2005
環境政策研究のフロンティアⅥ 「地域からの地球温暖化防止」
日 時:2005年9月10日(土)13:00〜17:30シンポジウム 18:00〜懇親会
場 所:名古屋大学IB電子情報館(地下鉄名古屋大学駅下車2分)
参加費:シンポジウム:無料
懇親会参加費:一般3,000円、学生・院生2,000円
主 催:名古屋大学大学院環境学研究科、環境経済・政策学会・環境法政策学会、環境社会学会、環境科学会、大気環境学会
後 援:損保ジャパン環境財団

申し込み・問合せ:〒464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学井村研究室(担当:白川)
E-mail:frontier@urban.env.nagoya-u.ac.jp
tel&fax:052-789-3840

プログラムや申し込み方法、場所など詳細は、
Webページ http://www001.upp.so-net.ne.jp/env3/ をご参照ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃環境社会学会研究例会(関西学院大学)のお知らせ
┗━┛

ながらく開かれなかった関西での例会を下記の要領で開催します。
今回は博士論文にむけて力の満ちた論文を執筆中のお二人に話題提供をしていただきます。

日 時:2005年7月12日(火)15:00〜19:00
場 所:関西学院大学池内記念館第1研究会室
http://www.kwansei.ac.jp/top/map_menu.htm

http://www.kwansei.ac.jp/about/f_uegahara_map.html

報 告:
1.芝村龍太(京都大学大学院)
「矢作川漁協の歴史と環境保全運動」
2.福永真弓(東京大学大学院)
「二つの流域像の交錯から重なり合う規範の生成へ」

討 論:松田素二(京都大学)・亀井伸孝(関西学院大学COE研究員)
司 会:古川彰(関西学院大学)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃次年度春のセミナー(第33回セミナー)開催の予告
┗━┛

次年度春のセミナーは、6月中旬ごろ新潟で開催する予定で、既に準備をはじめています。新潟セミナーでは、熊本・水俣市の水俣病問題を社会問題化させる契機になった新潟水俣病問題の歴史と現在を、フィールドから学んでゆきたいと思います。
新潟セミナー開催にあたっては、実務や企画を担うセミナー開催事務局スタッフを若干名、学会員のみなさまから公募したいと思います。スタッフの公募は新潟セミナーがはじめての試みです。ふるってご応募ください。

応募方法:
住所、氏名、所属、連絡先、メールアドレスを明記し、応募の動機や環境社会学会セミナーの可能性などを400〜800字でご記入のうえ、郵送にてご送付ください。

公募の締め切り:8月15日(月)

問い合わせ・送付先:
関礼子(立教大学社会学部) 〒171-8501 豊島区西池袋3−34−1
電話:03-3985-4723  E-mail:seki@rikkyo.ne.jp

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃学会の新会長・新委員について
┗━┛

去る6月18日、鰺ヶ沢町にて選挙を行い、新運営委員を決め、さらに同日の運営委員会にて、会長および各種委員を以下のように選出しました。なお、新事務局長は、規定により、前運営委員会の推挙によって選出されました。(以下、敬称略、順不同)

【会長】
寺田良一

【事務局長】
平岡義和

【運営委員会】
寺田良一(会長)、平岡義和(学会事務局長)、萩原なつ子、脇田健一、高田昭彦、細川弘明、長谷川公一、鬼頭秀一、帯谷博明、金沢謙太郎、西城戸誠、藤村美穂、桝潟俊子、丸山康司

【編集委員会】
脇田健一(委員長)、谷口吉光(事務局長)、柿澤宏昭、浅野敏久、大塚善樹、藤村美穂、桝潟俊子、足立重和、西城戸誠、鬼頭秀一、角一典、井戸聡、片桐新自

【研究活動委員会】
萩原なつ子(委員長)、帯谷博明(副委員長)、丸山康司、中澤秀雄、舩橋晴俊、藤川賢、阿部晃士、箕浦一哉、山室敦嗣、金菱清、菅豊

【国際交流委員会】
高田昭彦(委員長)、平林祐子(副委員長)、細川弘明、長谷川公一、金沢謙太郎、赤嶺淳、井上真、飯塚邦彦、朝井志保、J.Broadbent

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃学会事務局の変更について
┗━┛

役員改選に従い、学会事務局も以下に移動しました。今後、入退会・住所変更などは以下まで(なるべくメールで)お願いいたします。

〒422-8529 静岡市駿河区大谷836
静岡大学人文学部社会学科 平岡義和研究室
e-mail: jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃公募情報  法政大学
┗━┛

1.担当分野   環境社会論(環境社会学)
(大学院環境マネジメント研究科において関連科目を担当することを要件とする)
2.募集人員   助教授 1名
3.採用予定日  平成18年4 月1日
4.応募資格   次の条件を満たす方。
(1) 環境社会学の分野において優れた研究業績があること。
(2) 修士または博士の学位を有するか、または博士の学位と同等とみなされる業績を有すること。
5.選考方法   書類審査 (一次選考) 及び面接 (二次選考)
6.提出書類    (1) 履歴書 (写真付)
(2) 研究業績一覧
なお、フィールド調査・研究の実績がある場合は、その旨を必ず明記し、それに関する資料を添付すること。
(3) 主要著作・論文 5 編
(4) これまでの研究・教育の概要と今後の抱負 (2000字以内)
(5) 推薦書 1 通または照会可能者 2 名の氏名、所属、連絡先
7.応募締切   平成 17 年8月31日 (水) 必着
8.書類送付先  〒102‐8160 東京都千代田区富士見2−17−1
法政大学学務部人間環境学部資料室
Tel:03・3264・9327  Fax:03・3264・9663
9.注意     封筒に「公募書類在中」と朱書きし、必ず書留で送付して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 環境社会学会 会長・寺田良一(明治大学)
事務局
〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
静岡大学人文学部 平岡義和
e-mail  jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jses3/
□編集  西城戸誠(運営委員 京都教育大学)makoton@kyokyo-u.ac.jp
□メールアドレス・住所・所属など
個人情報の変更、その他のお問い合せは
学会事務局(jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp)まで
□年会費の振り込みは、郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━