━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■         環境社会学会メールマガジン         ■■
第76号 2006/3/6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

■ 公募情報(北海道大学サステイナビリティガバナンスプロジェクト)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 公募情報(北海道大学サステイナビリティガバナンスプロジェクト)
┗━┛

北海道大学では、平成18年4月発足のサステイナビリティ学連携機構(the International Research System for Sustainability Science, 略称IR3S、東京大学、北海道大学、京都大学、大阪大学、茨城大学)の構成機関として北海道大学サステイナビリティガバナンスプロジェクト(以下 SGP)を全学規模で実施することになりました。つきましては、以下の要領で、本プロジェクトの中核を担っていただける方を3名募集いたします。

1.職種・待遇・担当分野
【職種】
特任助教授または特任講師 計3名(SGP推進ポスト、公募、任期2年とし、2年を限度に再任可)
【待遇】
北海道大学教員区分 特任助教授、基本年俸表(特任教員)6-7号数(基本年俸696-744万円)または特任講師、基本年俸表(特任教員)5号数(基本年俸648万円)
【担当分野】
サステイナビリティ学の構築を視野にいれ、人口、食糧生産、エネルギー、環境生態、地球温暖化、水資源のうちいくつかの問題に取組む研究を行う(以下のキーワード参照)。あるいは北方生物圏のシミュレーション、環境倫理、政策決定、先進国と途上国の協調、グローバルとローカルの関係、生態系サービスなど、サステイナビリティの鍵となり、異分野を統合する課題の研究を行う。
《キーワード》
環境科学、環境政策、環境政策、環境社会学、生態学(陸域、海域)、生物多様性、エコロジカル・フットプリント、循環型農・林・水産学、生物資源政策、農村問題、環境化学(環境ホルモン、汚染物質)、経済システム論、数値モデル、数理モデル、統合モデル、システム論、物質(水)循環学、都市環境、人口問題、都市問題、過疎化、貧困(南北)問題、バイオエネルギー、バイオマス、生物系廃棄物処理、分解微生物

2.担当科目等
北海道大学サステイナビリティ学院(大学院)の設立がSGPの1つの大きな目的ですので、学院設立にあたって、カリキュラムの提案等にご尽力いただきます。また、設立準備段階においても、サステイナビリティ学に関連する講義(以下のキーワードを参照、漸次英語による講義へ移行する)を担当していただきます。
《キーワード》
環境倫理、住民合意形成、政策決定、環境ガバナンス、途上国・先進国間協議、国際民主主義、ローカルとグローバル、開発援助論、ODA論、人間の安全保障論、(地球温暖化+食料生産+水資源+エネルギー)問題の相互関係、人口問題、地球の現状、地球上におけるヒト+生物+物質+エネルギー+資金の偏在とフロー、生物多様性、種の変化、遺伝子、再生・保全、国際機関や途上国における経験

3.応募資格等
(1)博士の学位を有するか、それと同等以上の業績をもつこと(外国において授与されたこれに相当する学位を含む)および教育上の優れた能力を有すること。
(2)先の担当分野で示した内容、およびキーワードに関わる研究で相応の業績を擁すること。

4.応募書類
(1)履歴書1通(氏名、生年月日、年齢、現住所、電話番号、Fax番号、e-mail、住所、高卒以降の学歴(年・月・日)、学位、職歴(年・月・日 )、賞罰、写真貼付)
(2)研究業績目録(学術論文、著書、総説。なお、業績は受理印刷中までとする)
(3)サステイナビリティ学についての考え、ご自分の研究との関わり、および着任後の役割について2000字ほどでお書きください(学会活動、科研取得歴、査読経験、国際会議招待講演等は、ここに記述してください)
(4)主要論文の別刷(5編以内、複写可)
なお、上記(1)〜(3)はワープロ作成可

5.応募期限
2006年03月30日必着

6.任用予定日
平成18年 5月1日もしくは6月1日

7.応募書類提出先
〒060-8589 札幌市北区北9条西9丁目
北海道大学大学院農学研究科生物資源生産学専攻
作物生産生物学講座教授・北海道大学SGP企画運営委員会委員長 大崎 満
(なお、封筒の表に「サステイナビリティ学特任教員応募書類」と明記し、郵送の場合には書留でお送り下さい)

8.問い合わせ先
〒060-8589 札幌市北区北9条西9丁目
北海道大学大学院農学研究科環境資源学専攻
生物生態学体系学講座教授・北海道大学SGP事務局長 齋藤 裕
E-mail: yutsat@res.agr.hokudai.ac.jp

TEL 011-706-3893

9.その他
必要に応じて面接を行うことがあります。

(なお、上記の公募については、以下のサイトも参照してください)
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~a11277/SGPKouboJ.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 環境社会学会 会長・寺田良一(明治大学)
事務局
〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
静岡大学人文学部 平岡義和
e-mail  jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jses3/
□編集  西城戸誠(運営委員 京都教育大学)makoton@kyokyo-u.ac.jp
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、その他のお問い合せは
学会事務局(jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp)まで
□年会費の振り込みは、郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━