━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■         環境社会学会メールマガジン         ■■
第74号 2006/2/20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

■ 公募情報(長崎大学環境科学部)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 公募情報(長崎大学環境科学部)
┗━┛

1.募集人員   助教授 1名
2.所属     環境政策講座
3.研究分野   環境社会学
4.担当科目
(博士後期課程)環境社会学特論、研究科特別講義、研究科特別演習、特別研究
(博士前期課程)環境社会学特講Ⅱ、環境共生政策学演習Ⅰ・同Ⅱ、総合セミナー、特別研究、生産と環境
(学部専門科目)環境社会学Ⅰ、社会調査論、環境政策基礎演習、環境政策演習、卒業研究、環境科学概論A
(全学教育)  社会学等
5.就任時期   平成18年10月1日 予定
6.応募資格   博士号を取得している者、または研究書(単著)を有する者。さらに専門社会調査士の資格を有することが望ましい。
7.年齢     平成18年10月1日現在で45歳未満が望ましい。
8.応募書類   (1)履歴書(写真貼付、市販のもので可。学歴は高校卒業以降を記入。その他、所属学会、講義担当歴、受賞歴など          あれば記入すること)。
(2)研究業績一覧表(著書、論文、学会発表、博士論文その他に分類して記入すること)。
(3)主要著書および論文7編以上(抜刷り可)。(そのうち最近5年以内に発表したものが3編以上含まれていること)、また、当該論文 等にはレフリー付きのものを含むものとします。主要論文にはそれぞれについて要旨(1編につき600字程度)をつけること。
(4)今後の研究計画と教育についての抱負(A4紙片面1〜2枚)。
(5)推薦者2名の氏名、所属、連絡先(住所・電話番号)。照会する場合もあります。
9.応募期限   平成18年4月20日(木)(必着のこと)
10.問合わせ先  〒852−8521 長崎市文教町1−14
長崎大学環境科学部総務係気付
(問合わせは全て書面にてお願いします)
11.書類送付先  〒852−8521 長崎市文教町1−14
長崎大学環境科学部長
(「環境政策講座教員応募書類在中(環境社会学)」と朱
書し、書留または簡易書留で郵送のこと。)
12.選考方法   (1)提出書類に基づいて選考し、面接を行います。あわせて模擬講義をお願いする場合もあります。なお、面接の際         の交通費等は自己負担となります。
(2)選考結果は決定次第、書面にて通知します。
13.特記事項   採用にあたっては大学院生産科学研究科博士後期課程環境科学専攻の教員として大学設置・学校法人審議会の審査に合格する必要があります。
14.その他    (1)長崎市またはその周辺に居住できること。
(2)応募書類の返却を希望される場合は宛名を明記し、切手添付の上返信用封筒を同封願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 環境社会学会 会長・寺田良一(明治大学)
事務局
〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
静岡大学人文学部 平岡義和
e-mail  jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jses3/
□編集  西城戸誠(運営委員 京都教育大学)makoton@kyokyo-u.ac.jp
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、その他のお問い合せは
学会事務局(jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp)まで
□年会費の振り込みは、郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━