━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■         環境社会学会メールマガジン         ■■
第72号 2006/1/25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

■ 公募情報(名古屋大学)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 公募情報(名古屋大学)
┗━┛

1.公募人員  助教授または講師  1名
2.担当講座  社会環境学専攻 社会学講座(情報文化学部併任)
3.専門分野  社会学 環境社会学
4.担当科目  大学院:環境社会学など。情報文化学部:環境社会学(予定)社会調査法など。全学教育:社会と環境など。
5.応募資格  1)社会学の研究者で、環境社会学に深い見識を持ち、この分野に関する研究科・学部等の教育及び研究を熱意をも         って遂行できること。
2)社会環境学専攻の連携講座である環境政策論講座に参画して、教育・研究を遂行できること。
3)研究科の推進している持続性学や安心・安全学などの学際的なプロジェクトにも関与できること。
4)博士の学位を有することが望ましい。
5)年齢は40歳以下であることが望ましい。
6.応募締切  2006年3月末日必着
7.着任時期  2006年10月1日予定
8.応募書類  1)履歴書 2)研究業績一覧 3)主要著書・論文抜き刷り(主要なもの3点以内、コピーも可) 4)現在までの研究の概要(1000字程度)5)就職後の教育・研究に関する抱負(2000字程度)
9.提出・問合せ先
〒464-8603 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻長 溝口常俊
電話 052-789-2235
E-mail:k46523a@cc.nagoya-u.ac.jp

備 考 教育・研究の力量の評価において、同等と認められる場合には、女性を積極的に採用します。
選考の途中で必要に応じ面接させて頂く場合があります。
封筒表面に「教員公募応募書類」と朱記し書留で送って下さい。
環境学研究科・専攻の特徴や編成、社会学講座などについては、研究科ホームページ(http://www.env.nagoya-u.ac.jp)をご覧下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 環境社会学会 会長・寺田良一(明治大学)
事務局
〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
静岡大学人文学部 平岡義和
e-mail  jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jses3/
□編集  西城戸誠(運営委員 京都教育大学)makoton@kyokyo-u.ac.jp
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、その他のお問い合せは
学会事務局(jkankyo@ipc.shizuoka.ac.jp)まで
□年会費の振り込みは、郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━