━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■        環境社会学会メールマガジン     ■■

                       第126号 2008/12/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               目次

■ 次回セミナー企画セッション 応募期限延長のお知らせ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■┃ 企画セッション応募期限延長のお知らせ

┗━┛

以前のメールマガジンでお知らせいたしましたが、来年度の春のセミナーでは

会員による企画セッションの時間枠を設けています。応募期間(12月21日まで)のあいだに数件の応募がありましたが、まだ余裕があるため、応募期限を1月12日まで延長することにしました。応募を考えておられる方は、下記の要領にしたがってご応募ください。

     記

次回セミナーについて

 学会設立後15年目を迎え、環境問題をとりまく社会状況も相当変化

しています。当事者視点など、設立当初私たちが指摘していたよう

な問題意識も、ある程度共有されつつあります。また、これまでの

セミナー開催地で見られたように、研究者が「現場」にコミット

する方法や立場にも新たな展開が認められます。

 次回のセミナーは、こうした状況を踏まえて学会の新たな方向性を

探りたいと考えています。新しい研究枠組み、理論、実践、成果、

異分野融合など、多様な「悩み」や「可能性」を共有する機会に

したいと考えています。

日程 2008年6月26(金)〜28日(日)

場所 名古屋大学

テーマセッションの新設と募集

 今回のセミナーでは会員による企画セッションの時間枠を設けます。

現在進行中の研究プロジェクト、現場での実践、萌芽的な方法論や

研究枠組み、既存の研究に対する疑問など、多様な提案を歓迎します。

以下の要領に従って、ご応募下さい。また、

・時間枠:概ね2時間程度を想定しています。

・登壇資格:企画者は会員に限ります

・応募方法:以下の項目に記入した電子メールを、kenkatsu@jaes.jp

にて提出して下さい

・応募期限:2009年1月12日

テーマ名:

趣旨(400字程度)

登壇予定者:

希望時間枠:2時間×○

■ ■ ■

ただいま、メールマガジン用のリストの整理作業をしております。配信を中止し

たいアドレスや変更したいアドレスについては、事務局までお知らせいただくよ

うお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□発行 環境社会学会 会長・長谷川公一(東北大学)

               事務局

                 〒194-0298 東京都町田市相原町4342

                 法政大学社会学部 堀川三郎

                 E-mail: office@jaes.jp

□編集  藤村美穂(運営委員 佐賀大学)

□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、メールマガジン掲載依

頼、その他のお問い合せは、学会事務局までお願いいたします。

□年会費の振り込みは、郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━