━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■        環境社会学会メールマガジン     ■■
                       第142号 2009/11/26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               目次
■ 第40回大会(京都教育大学) お弁当と懇親会の事前申し込みをお願いします
■ 公開シンポジウム「科学技術と知の精神文化 -新しい科学技術文明の構築に向けて-」
■ 2nd Edition of the International Handbook of Environmental Sociologyについて
■ 公募情報(1件)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 第40回大会(京都教育大学) お弁当と懇親会の事前申し込みをお願いします
┗━┛

環境社会学会第40回大会(京都教育大学)が近づいてまいりました。当日(12月
12日(土))の昼食と懇親会につきましては、メールマガジンおよびニュー
ズレターでのご案内のとおり、12月4日(金)の正午までに事前申し込みをして
いただくことになっています。まだ、お申し込みがお済でない方は、至急、下記
のウェブページからお知らせくださいますようお願い申し上げます。
 http://my.formman.com/form/pc/xZ2bWW0WDe54zooW/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 公開シンポジウム「科学技術と知の精神文化 -新しい科学技術文明の構築に向けて-」
┗━┛

この度、日本学術会議及び(独)科学技術振興機構の主催により、標記のシンポジウムを開催することとなりましたので、お知らせいたします。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

○開催日時: 2009年12月11日(金)13:00~17:00
○会 場: 日本学術会議 1階講堂(港区六本木)
○定 員: 300名
○参加費: 無料
○主 催: 日本学術会議、(独)科学技術振興機構
○お問合せ先:
 シンポジウム事務局(株)博秀工芸内
  sswsympo@hakushu-arts.co.jp
○申込み先URL:
 http://www.hakushu-arts.co.jp/sswsympo/

○開催趣旨:
 世界が大きな時代の転換期を迎えている現在、学問・科学・技術は何をよりどころとし、どこへ向かうべきなのでしょうか。
 日本学術会議では大きな使命として、学術の視点から日本の長期的展望を社会に提示することに取り組んでいます。また、(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センターでは研究会「科学技術と知の精神文化」を設置し、人々の精神・規範・文化と科学技術の関係を歴史に学び、さまざまな観点から議論を続けています。
 ここに新たな議論の場として公開のシンポジウムを開催し、科学技術を進めるうえで基盤となる精神文化、そして学問と社会の将来について話し合います。

○プログラム(敬称略):
13:00~13:05 開会挨拶 金澤 一郎(日本学術会議会長)
13:05~13:30 基調講演 阿部 博之(東北大学名誉教授)
13:30~14:00 特別講演 石井 紫郎(東京大学名誉教授)
14:00~14:30 特別講演 和田 昭允(東京大学名誉教授、(独)理化学研究所研究顧問)

14:30~15:00 特別講演 村上陽一郎(東京理科大学大学院科学教育研究科教授)
15:00~15:15 休憩
15:15~16:50 パネル討論(順不同)
「パネリスト」
大垣眞一郎 ((独)国立環境研究所理事長、日本学術会議副会長)
北原 和夫 (国際基督教大学教養学部教授)
黒田 玲子 (国際科学会議副会長、東京大学大学院総合文化研究科教授)
西口 泰夫 (同志社大学大学院ビジネス研究科客員教授、元京セラ(株)会長兼CEO)
野家 啓一 (東北大学理事・附属図書館長)
「司会」
有本 建男 ((独)科学技術振興機構社会技術研究開発センター長)
16:50~17:00 閉会挨拶

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 2nd Edition of the International Handbook of Environmental Sociologyについて
┗━┛

Riley Dunlap教授より、2nd Edition of the International Handbook of
Environmental Sociologyについて、日本の学会でも案内をして
欲しいとの依頼をうけましたので、お送りします。

The International Handbook of Environmental Sociology,
Second Edition

Edited by :
Michael R. Redclift, Professor of International Environmental Policy, King’s
College,
University of London, UK and Graham Woodgate, Senior Lecturer in
Environmental Sociology,
Institute for the Study of the Americas, School of Advanced Study,
University of London, UK

Contributors include:
W.M. Adams, B. Ambrose-Oji, I. Barcena Hinojal, T. Benton, R. Bryant, F.H.
Buttel,
C.N. Buzinde, J. Carmin,T. Dietz, R.E. Dunlap, A. Escobar, J.B. Foster, M.
Goodman, N.
Haenn, J. Hannigan, E. Hinton, M. Kousis, R. Lago Aurrekoetxea, S. Lockie,
D. Manuel-Navarrete, A.P.J. Mol, R. Murphy, B.C. Parks, M.R. Redclift, J.T.
Roberts,
E.A. Rosa, W. Sachs, J.-G. Vaillancourt, G. Woodgate, S. Yearley

March 2010 544 pp Hardback ISBN 978 1 84844 088 3
£140.00

TO ORDER THIS TITLE, PLEASE CONTACT:
Marston Book Services Limited
PO Box 269
Abingdon, Oxon OX14 4YN UK
Tel: + 44 1235 465500
Fax: + 44 1235 465555
e-mail; direct.order@marston.co.uk

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 公募情報(兵庫県立大学)
┗━┛

このたび、公募を開始いたしましたので、公募情報の掲載をお願いしたく、ご連絡いたします。
詳細は以下をご参照ください。
 http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/ines/toyooka/20091118_2koubo.pdf

部門名:自然・環境科学研究所 田園生態系 田園生態保全管理研究部門
募集人員:教授 1名

業務内容:
 兵庫県立大学の教員であると同時に、兵庫県教育委員会所管施設であ
るコウノトリの郷公園の研究員を兼務し、一体的に業務を遂行します。
前者では研究所次長兼部門長として、後者では研究部長として、コウノ
トリの野生化の実践研究において必要となる飼育環境、自然環境、社会
環境の3つの柱を確立し統合的に展開するための指導的役割を果
たすことが求められます。
 同時に、研究所が参画している大学院環境人間学研究科(兼務)の講
義担当及び指導教員として教育研究を行い、将来的には大学院拡充等教
育研究体制の更なる充実や、それに伴う組織の再編などを主導できるこ
と、またコウノトリ野生復帰プロジェクトに関連して地域の自治体等に
よる各種地域づくりへ積極的に関与し指導助言できると同時に、地域住
民との十分なコミュニケーションを図り信頼関係を構築できることが期
待されます。
 今回の募集では、幅広い分野から人材を募ることを意図し分野は限定
しませんが、上記について理解し複数分野を統合できることが望まれま
す。応募者自ら活動のテーマ(分野)を提案していただきたい。

応募資格:次の条件をすべて満たす者
(1)博士の学位を有する者、もしくは同程度の能力がある者
(2)大学院において授業科目「地域環境保全論」を担当し、研究指導教員認定が受けられる者
(3)豊岡市に定住して業務に従事できる者

着任時期:平成22年4月
任期:5年間(再任可)

提出書類:
(1)履歴書(写真貼付、連絡先〔住所、電話、FAX番号、電子メールアドレス〕、所属学会名を含むこと)
(2)業績目録(研究、教育、社会貢献、組織運営など)
(3)主要論文の別刷り、またはこれまでの実績の概要を示す資料、5編以内(各2部)

(4)これまでの実績を2000字程度にまとめたもの(主要研究テーマを分類してその実績を説明し、関連する論文等を示すこと)
(5)兵庫県立大学自然・環境科学研究所ならびに兵庫県立コウノトリの郷公園における活動のテーマおよび抱負を2000字程度にまとめたもの
(6)応募者本人についてご意見を伺える方(2名)の氏名と連絡先(電話および電子メールアドレスを含む)
 なお、選考状況により別途書類の提出を求めることがあります。

面接:
1次選考合格者を対象として面接あるいは公開セミナーを実施します。
日時:12月下旬
場所:兵庫県立大学本部会議室(神戸)
(予定ですので変更することがあります)
面接に際して旅費は支給いたしませんので、ご了解をお願いいたします。

選考結果:応募者本人宛に直接郵便にて通知します。

応募締切:平成21年12月16日(水)(必着)

書類提出先:
提出書類は返却いたしません。
提出書類に記載の個人情報は、本公募の利用目的に限定し、その他の目的には使用いたしません。
応募書類は、封筒に「教員応募書類在中」と朱書の上、簡易書留などにて下記宛先まで送付下さい。
〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘6
兵庫県立大学自然・環境科学研究所 所長 江崎保男

問い合わせ先:
兵庫県立大学自然・環境科学研究所 自然環境系 田原直樹
電話:079-559-2001 FAX:079-559-2007
電子メール:tahara@hitohaku.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 環境社会学会 会長・古川彰(関西学院大学)
          事務局
            大学生協学会支援センター内 環境社会学会事務局
                 〒166-8532東京都杉並区和田3-30-22
                 丸山 康司
                 E-mail: office[アットマーク]jaes.jp

□編集  菊地直樹(運営委員 兵庫県立大学)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、メールマガジン掲載依
頼、その他のお問い合せは、学会事務局までお願いいたします。
□年会費の振り込みは、郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━