━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■        環境社会学会メールマガジン     ■■
                       第175号 2011/1/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               目次

■ 環境社会学会第43回大会(関東学院大学)企画セッションの募集(再掲)
■ 『環境社会学研究』第17号への投稿の締め切り
■ メルマガ登録メールアドレスについてのお知らせ【重要】(再掲)
■ 会員名簿の電子化について

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃環境社会学会第43回大会(関東学院大学)企画セッションの募集(再掲)
┗━┛

来年度の春の大会(セミナー)(2011年6月4~5日、関東学院大学)では、企画セッションを実施します。
つきましては企画セッションの募集を行いたいと思います。企画セッションとは、2009年6月の大会(名古屋大学)でも行いましたが、会員のみなさんから企画を募集しセッションを開くというものです。
理論的な議論をするセッション、実践を語り合うセッション、問題解決を話し合うセッション、異分野同士の議論をたたかわせるセッションなど、さまざまなセッションが組まれることを期待しています。形式についても、ミニ・シンポジウム的なセッション、ラウンドテーブル的なセッションなど、いろいろな形式が試みられることを期待しています。

以下の2種類に分けて募集します。
(a)報告者を公募する企画セッション(募集期限:2011年1月21日(金))
(b)企画者が報告者を集める企画セッション(募集期限:2011年2月21日(月))
(b)については、報告者には会員外も含まれてよいものとします。(a)(b)
を併せた形式(一部の報告者を公募するもの)もありえます。また、(b)について、最初の応募時点では、報告者について確定していなくてもかまいません。

セッションの企画を検討されている方は、以下の要領に従ってご応募下さい。内容について詰めきれていなくても応募できます。多数の企画セッションの応募をお待ちしています。

・時間枠:概ね2時間とします。ただし、内容によっては2時間×2コマというのもありえます。
・資格:企画者は会員に限りますが、会員以外の報告も歓迎します。
・第1次募集:2011年1月21日(金)(上記(a)型の企画セッション)
・第2次募集:2011年2月21日(月)(上記(b)型の企画セッション)
・応募方法:以下の項目に記入した電子メールを、研究活動委員会・宮内泰介(北海道大学)miyauchi<アットマーク>let.hokudai.ac.jpまで提出して下さい。内容等についてのご質問・ご相談もこちらのアドレスまでお願いいたします。
—–
企画者氏名:
企画者所属:
企画者メールアドレス:
企画セッション・テーマ名:
趣旨:(400字程度)
報告予定者の公募:有り 無し
報告予定者氏名・所属(あれば):
—–

(研究活動委員会 宮内泰介)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃『環境社会学研究』第17号への投稿の締め切り
┗━┛

 『環境社会学研究』第17号への投稿受付は2011年1月11日(火)から31日(月)(消印有効)です。前号から締め切りが従来よりもはやくなっています。執筆にあたっては必ず『環境社会学研究』誌最新号の執筆要項を参照してください(第16号が最新です)。
 投稿受付は編集事務局です。

[原稿送付先]
 環境社会学会編集委員会事務局
 〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 琵琶湖博物館内 社会科学研究室(牧野)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃メルマガ登録メールアドレスについてのお知らせ【重要】(再掲)
┗━┛

学会事務局では現在名簿の修正作業を進めていますが、これに伴いメールマガジンを配信するメールアドレスとを統一的に管理する予定です。前号のニューズレターに同封されていた名簿情報をご確認の上、修正が必要な場合は速やかに学会事務センター(office[アットマーク]jaes.jp)までお知らせ下さい。
メールマガジン配信アドレスの変更は1月を予定しています。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃会員名簿の電子化について
┗━┛

 先般よりニューズレター52号などを通じて、会員名簿の電子化についてご意見を募集していました。2010年末の時点で異論は寄せられませんでしたので、作業を進めさせて頂きたいと思います。