━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■        環境社会学会メールマガジン       ■■
                        第216号 2012/8/3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次

■国際コモンズ学会第14回世界大会 Call for Paper
■公募情報(1件)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃国際コモンズ学会第14回世界大会 Call for Paper
┗━┛

国際コモンズ学会第14回世界大会 Call for Paper(アブストラクト締切:9月末日)

国際コモンズ学会第14回世界大会(北富士大会)が来る2013年6月3日(月)~7
日(金)、山梨県富士吉田市を拠点に開催されます。
国際コモンズ学会(International Association for the Study of the
Commons: IASC)は、1989年の設立以来、世界のコモンズ研究を牽引してきた国
際学会です。会員数は現在、1000名を超え、経済学、政治学、社会学、人類学、
法学、生態学、農学など多様な学問領域の研究者のほか、国際機関やNGOの実務
家・実践家も加わっています。ほぼ隔年に開催される世界大会には、600~700名
の研究者・実践者が集まります。14回目となる来年の大会は、日本ではじめて開
催されるIASC世界大会となります。

下記のとおり、Call for papersを開始いたしました。abstractの締切は2012年
9月30日です。すべてウェブサイト(http://iasc2013.org/en/)での登録となっ
ています。

多くの方々の参加をお待ちしております。

==CALL FOR PAPERS for 14th Global Conference of the International Association for the Study of the Commons (IASC 2013) ==

We are very pleased to call for proposals to offer presentations at the June 2013 global conference of the International Association for the Study of the Commons in Japan.

The commoners of the Onshirin federation of 11 villages holding access rights to the north slope of Mount Fuji (Kita Fuji), along with Japan’s Research Institute for Humanity and Nature (RIHN), eagerly welcome participants to the first IASC meeting to be held on a commons and the first to be sponsored by commoners.

Our theme for the 14th Global Conference of the IASC is “Commoners and the Changing Commons: Livelihood, Environmental Security, and Shared Knowledge”. We welcome proposals not only from academic researchers, but also from professionals and citizens working at the local level in communities throughout the world. As detailed in our website http://iasc2013.org/en/, the Committee would like to suggest a wide range of sub-themes so as to be as inclusive of the local community as possible.

We are sincerely looking forward to your participation and contributions, and to having the opportunity to meet all of you at Kita Fuji, Japan.

Co-chairs:
Tomoya Akimichi
Research Institute for Humanity and Nature, Japan

Margaret McKean
Duke University, USA

*****
14th Global Conference of the International Association for the Study of the Commons (IASC2013)

DATE: June 3 – 7, 2013
VENUE: Kita Fuji, Yamanashi Prefecture, Japan
THEME:
“Commoners and the Changing Commons: Livelihood, Environmental Security, and Shared Knowledge”

SUB-THEMES:
1. Commons and Social Capital for Livelihood Security in Crisis 2.Commercialization and the Commons 3. Urban Commons 4. Collisions in Law and Culture 5. Mobile Resources and Fluid Spaces 6. Equity and Distributive Justice within the Commons 7. State-Society Relations and the Protest Politics of Commons 8. Commons and Complexity 9. Commons as Local Energy Sources and Carbon Storage affecting Climate Change 10. The Global Digital Commons 11. Biodiversity and Genetic Resources as Commons 12. Cultural Commons with Non-Consumptive Uses 13. Campaigning On the Commons: Practical Lessons and Strategy 14. Advancing Research on the Commons: Methods, Comparable Data, and Theoretical Research Frontiers

IMPORTANT DATES:
Submission of Abstract: July, 2012 – September 30, 2012 Notification of Abstract Acceptance: Mid-October, 2012 Deadline for Paper: April 1, 2013

(宮内泰介)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃公募情報(北海道大学大学院文学研究科)
┗━┛
北海道大学大学院文学研究科准教授の公募について

1.職名及び人員:
准教授 1名
2.所属:
北海道大学大学院文学研究科地域システム科学講座
3.専門分野:
地域社会・環境・災害などを研究する社会学ないしその隣接領域。日本や外国の
調査研究(フィールドワークを含む)を行なっていることが望ましい.
4.担当授業科目:
大学院授業科目「地域社会学特別演習」、学部専門教育科目「比較地域社会学」、
「地域科学演習」、「野外調査法実習」、全学教育「社会の認識」など
5.応募資格:
(1)博士の学位を有する者、もしくはそれと同等の研究業績を有する者
(2)学部および大学院(修士課程および博士後期課程)での教育、研究に対し
   て能力と熱意をもつ者
(3)英語など外国語の運用能力があることが望ましい
6.採用予定日:
平成25年4月1日もしくはそれ以降のできるだけ早い時期
7.応募書類(様式自由):
(1)履歴書(高校卒業以降の学歴、職歴、所属学会を明記.写真添付) 1部
(2)研究業績(学会発表を含む)・研究費獲得実績一覧 5部
(3)教育・指導実績(担当授業など)一覧 5部
(4)主要研究業績5編以内(抜き刷り・コピーでも可) 各5部(著書に関して
   は1部で可)
(5)研究業績の概要(A4版2枚程度) 5部
(6)今後の研究計画および教育に関する抱負(とくに大学院教育に関する抱負、
   および、英語など外国語の運用能力についての自己評価を含む)(A4版2
   枚程度)5部
8.応募締切:平成24年10月1日(月)(必着)
9.選考方法:1次選考:書類選考、2次選考:面接(面接にかかる交通費・滞在
費は応募者の負担とする)
10.応募書類提出先:
060-0810 札幌市北区北10条西7丁目
北海道大学大学院文学研究科長 弓巾(ゆはず)和順 宛
(封筒ないし小包に「地域システム科学講座教員応募書類」と朱書きし、書留郵
便で送付すること)
11.問い合わせ先:
北海道大学大学院文学研究科 地域システム科学講座 宮内泰介
e-mail:miyauchi[@]let.hokudai.ac.jp
12.備考:
提出書類は採否にかかわらず返却いたしませんのでご了承下さい。また、著書の
返却を希望する場合は、必ず返信用の封筒等(切手等貼付)を同封して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行 環境社会学会 会長・宮内泰介(北海道大学)
          事務局
            大学生協学会支援センター内 環境社会学会事務局
                 〒166-8532東京都杉並区和田3-30-22
                 湯浅 陽一
                 E-mail: office[アットマーク]jaes.jp

□編集・送信 湯浅陽一(理事 関東学院大学)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、メールマガジン掲載依
頼、その他のお問い合せは、学会事務局までお願いいたします。
□年会費の振り込みは、郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━