━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■        環境社会学会メールマガジン       ■■
                          第289号 2014/12/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次
■修士論文報告会開催にあたり情報をお寄せください
■フィールドネット・ラウンジ企画のご案内(1/10)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃修士論文報告会開催にあたり情報をお寄せください
┗━┛

研究活動委員会では、来年の修士論文報告会の開催に関して検討しております
(3月頃に開催予定)。事前に、報告希望者がどのくらいの人数であるか、把
握したいと思いますので、ご自身の指導する院生または該当者が周囲にいらっ
しゃる方は、報告希望者の情報をお知らせください。
修士論文を執筆したばかりの方が対象となるため、現在はまだ学会員になって
いない方々であることが多いと思われます。お寄せいただいた情報によって開
催可能かどうかを判断いたします。

締め切り:2015年1月10日
宛先:seki[アットマーク]rikkyo.ac.jp(関礼子)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃フィールドネット・ラウンジ企画のご案内(1/10)
┗━┛

野生動物の都市環境への進出は地域社会にさまざまな問題を招いています。
野生動物の保護か、地域住民の生活重視か、研究者はこれらの問題に直面し、
自分の立ち位置をどうすべきなのか、しばしば苦悩します。

本企画では、日本とアフリカで実践家として、あるいは研究者として野生動
物保護にかかわる人たちが、それぞれのフィールドで得られた経験を共有し、
人と野生動物はどう向かい合っていくべきかについて議論します。
登録不要・参加無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。
詳しくはFieldnetのウェブサイトを参照ください。
http://fieldnet.aa-ken.jp/?p=1791

問い合わせ先:關野伸之(総合地球環境学研究所):
sekino_nobuyuki[アットマーク]yahoo.co.jp

研究者はいかに野生動物保護にかかわるべきか
【日時】2015年1月10日(土)13:30-18:00
【会場】東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階大会議室(303)
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
【主催】東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
【プログラム】
第1部 野生動物保護に携わるNPOの立場から
片岡義廣(NPO法人エトピリカ基金代表理事)
「エトピリカプロジェクト:海鳥を知り守ろう」
千嶋淳(NPO法人日本野鳥の会十勝支部副支部長/漂着アザラシの会副代表)
「トッカリとの共存を目指して」
興膳健太(NPO法人メタセコイアの森の仲間たち代表理事/猪鹿庁長官)
「獣害を地域の資源に」
第2部 野生動物保護に携わる研究者の立場から
坪川桂子(京都大学大学院理学研究科博士課程/ポポフ日本支部)
「ゴリラと住民のために研究者が出来ること」
山根裕美(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程/NPO法
人ワイルドライフ・プロミシング)
「都市ナイロビに棲むヒョウと人々の関わり」
目黒紀夫(AA研研究機関研究員/NPO法人アフリック・アフリカ)
「コミュニティを研究することと支援することとのあいだの隔たり」

コメンテーター
山極寿一(京都大学総長)
湯川秀樹博士にあこがれて京大理学部に入学後、霊長類学に出会う。30年以
上にわたってアフリカの熱帯林でゴリラの行動を観察。野生ゴリラのような
「泰然自若」がモットーで、ゴリラの社会から人類の起源、人間社会をみるユ
ニークな視点をもつ。ゴリラの生態研究で身に付けたフットワークの軽さを理
想のキャンパスづくりに生かすため奮闘中。
絶滅の危機にある東ローランドゴリラの保護を続ける現地NGOポポフの日本支
部代表。

岩井雪乃(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター准教授)
大学進学時からアフリカと動物保護に関心があり、卒業後、青年海外協力隊
(理数科教師)としてタンザニアに派遣。動物との「共生」を「強制」される
のではなく、人びとが主体的に選択できる社会をめざし、セレンゲティ国立公
園の周辺の村で調査研究を続けている。
「豊かな」社会の多様なあり方を、日本およびアフリカで考えるNPO法人アフ
リック・アフリカ代表理事。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行 環境社会学会 会長 鬼頭秀一(星槎大学)
       事務局:大学生協学会支援センター内 環境社会学会事務局
                 〒166-8532東京都杉並区和田3-30-22
                 E-mail: office[アットマーク]jaes.jp
□編集・送信 帯谷博明(甲南大学・事務局長)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、メールマガジン掲載依頼
(毎月10日・25日締切)、その他のお問い合せは、上記事務局までお願いいたし
ます。
□年会費の振り込み先:郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━