━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■        環境社会学会メールマガジン       ■■
                          第295号 2015/3/1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次
■特別研究例会・2014年度修士論文発表会のご案内(3/11)【第二報】
■研究例会「津波被災地の多元的復興を考える――環境社会学の視点」の
ご案内(3/11)【第二報】
■第51回大会(立教大学)のお知らせ(6/28)【第二報】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃特別研究例会・2014年度修士論文発表会のご案内(3/11)【第二報】
┗━┛ 

*終了後に、研究例会「津波被災地の多元的復興を考える――環境社会学の視
点」が開催されます。

日時:3月11日(水)10:30-15:30
場所:立教大学池袋キャンパス11号館 A302教室(参加費無料)
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

●趣旨
このたび、2014年度修士論文発表会を開催いたします。この修士論文発表会は、
狭義の環境社会学のみならず、広義の環境社会学に関連する修士論文の成果
を発表していただき、じっくり議論するものです。そして、この発表は他大学
大学院で同分野を研究している院生同士の学的出会いの場でもあり、所属大学
院の枠組みを超えて他大学の教員からアドバイスをもらえる場でもあります。
多数のご参加をお待ちしております。

●発表予定
井口 都(京都女子大学大学院)
 「6次産業確立に向けた地域社会の挑戦――広島県世羅町を事例に」
吉成千悠(京都女子大学大学院)
 「里山管理の現状と課題」
谷川彩月(名古屋大学大学院)
 「環境ローカルガバナンスの再検討――岐阜県多治見市廿原町における
「意図せざる結果としての環境保全」」
陳 丹娜(名古屋大学大学院)
 「現代的コモンズとしての自然エネルギー利用――郡上市石徹白小水力発電
  事業を事例として」
藤原 遥(一橋大学大学院)
 「福島原発事故被害の潜在化――双葉郡川内村を事例に」

(*研究例会の終了後,修論の発表者も交えて懇親会も企画しています)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃研究例会「津波被災地の多元的復興を考える――環境社会学の視点」
┗━┛ のご案内(3/11)【第二報】

■日時:2015年3月11日(水)16:00-18:00
 ※当日開催予定の修士論文報告会に引き続きおこないます。
■場所:立教大学(池袋キャンパス)12号館2階会議室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
■参加費:無料 
■事前申し込み:不要 
■企画趣旨:
 毎年初夏に開かれている「環境三学会合同シンポジウム」は、今年は環境社会
学会の企画で「津波被災地域の多元的復興を考える――5年目の課題と展望」を
テーマに、6月の環境社会学会大会にあわせて開催されます。
 シンポジウム開催時には東日本大震災から4年が経過し5年目を迎えています。
そうしたなか、さまざまな≪望ましい復興像≫や≪地域社会の将来像≫が混在す
る津波被災地域では、故郷の回復のためにいかなる着地点が模索され、生活再建
に向けた漸進が試みられているのでしょうか。模索や漸進をエンパワーするには、
公式/非公式に、いかなる”しくみ”や”しかけ”が有効なのでしょうか。今年のシ
ンポジウムはこれらの問いに環境三学会としてどのように応答できるか議論する
ことを目的とし、さまざまな価値観や正義が共存しうる多元的な復興の方途につ
いて検討する予定です。
 今回の研究例会では、当学会からシンポジウムに登壇する平川全機会員(北海
道大学)を囲んで予備的なディスカッションをおこないます。「津波被災地域の
復興」に関して環境法学や環境経済学ではどのような議論がされているのか、話
題提供を通じてふまえたうえで、このテーマに関して環境社会学からどのような
寄与ができるか検討します。

■話題提供:
(1)「環境法政策学からみた津波被災地の復興と課題」富田涼都(静岡大学)
(2)「環境経済・政策学からみた津波被災地の復興と課題」青木聡子(名古屋大学)

■企画担当:研究活動委員 富田涼都・青木聡子

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃第51回大会のお知らせ(6/28)【第二報】
┗━┛
*前日(6/27)に環境三学会合同シンポジウムが同じ場所で開催されます。
ご予定をよろしくお願いします。

日時:6月28日(日)
場所:立教大学池袋キャンパス
内容:自由報告、企画セッション、総会 など

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行 環境社会学会 会長 鬼頭秀一(星槎大学)
       事務局:大学生協学会支援センター内 環境社会学会事務局
                 〒166-8532東京都杉並区和田3-30-22
                 E-mail: office[アットマーク]jaes.jp
□編集・送信 帯谷博明(甲南大学・事務局長)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更、メールマガジン掲載依頼
(毎月10日・25日締切)、その他のお問い合せは、上記事務局までお願いいたし
ます。
□年会費の振り込み先:郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━