━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■         環境社会学会メールマガジン         ■■
                        第377号  2018/05/02
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

■ 第57回大会(鞆の浦)での自由報告エントリーについて(締切5月7日)【再掲】
■ 第57回大会(鞆の浦)のイベント保育申込について(締切5月7日)【再掲】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ ┃第57回大会(鞆の浦)での自由報告エントリーについて(締切5月7日)【再掲】
┗━┛
 メールマガジン第373号でご案内したとおり、第57回大会(鞆の浦)の自由報告を、
 下記のとおり募集しております。

■自由報告の募集について
 【申込締切】2018年5月7日(月)

 【申込方法】下記の宛先へEメールにてご応募ください。
  ※申込から1週間程度で担当より受理/不受理の通知を致します。

 【申込宛先】信州大学人文学部 茅野恒秀
  [email]chino〔アットマーク〕shinshu-u.ac.jp
  [phone]0263-37-2291(直通)

■申し込み時の記載事項
  1)報告タイトル
  2)報告者氏名、所属
  3)連絡先(住所・電話・Fax・Email)
  4)報告要旨※
  5)使用希望機器(会場の場合により希望にそえない場合もあります)

 ※報告要旨の形式:文字数2,800字以内。要旨集は各報告2頁(A4)で組みます。
  図版を入れる場合は、目安としてB5サイズ1枚の大きさを1400字に換算して、
  字数を調整してください。

 ※自由報告の応募の際の要旨執筆、および報告原稿作成時において、誤字脱字、
  内容に関する引用トラブル、フォーマットからの逸脱による報告要旨集作成時の
  トラブルなどが相次いでおります。ご自身によるチェックの徹底をお願い致します。

 ※要旨集に掲載されたタイトルを報告時に変更することのないようご留意ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ ┃第57回大会(鞆の浦)のイベント保育申込について(締切5月7日)【再掲】
┗━┛

第375号でお伝えした標記の件につきまして再度お伝えします。

【イベント保育】
イベント保育の申し込みは、恐れ入りますが保育者の手配の関係上、自由報告と
同様、5月7日までにお願いします。

お申込みは、大会全体の申し込みフォームの所定の項目に記入してお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSesFsOEuZyIsQ0MoKY0YIY_TNKb-fkqCDO96ZbjFr7VFJLDpg/viewform

【学会への子ども同伴について】
鞆大会では、お子様との同伴での参加を積極的にお認めいたします。
ただし学会の進行の妨げにならないようご配慮をお願いいたします。

【イベント保育利用について】
本大会では「NPO子どもステーション」の出張サービスを利用する予定です。
託児場所は,鞆会場については、9日午後の総会・シンポジウム会場から5分ほど
歩いたところにある、事務局本部に設置予定です。
10日午後のエクスカーションの際にも便利に使っていただける場所です。
福山会場(10日午前の自由報告)については,会場内に部屋を用意する予定です。

※学会が取りまとめて上記NPOと契約しますので、申し込みが必要です(5月7日締切)。
大会参加申し込みフォームで、利用希望時間帯とともに申し込んでください。
事後、大会事務局に料金をお支払いいただきます。

※保育料は保育者1人につき1500/h(+交通費)です。これを上限として預けるお子さまの
年齢と人数によって保育者の数が変わるため、申し込み状況によって金額が変動します。
申し込み後に再度、概算をふまえて意思確認をさせていただきます。

【現地の託児所利用について】
福山駅の比較的近くに一時保育を行っている託児所があります。
ご興味がある方は大門(下記アドレス)までご連絡いただければ情報提供させていただきます。
※各所との契約に学会は直接関与いたしませんので、とくに学会への申し込みの必要はありません。

【学会からの補助金について】
本大会では下記のとおり、試行的に補助金の支給を行います。

《支出対象》
大会提供のイベント保育、あるいは託児所への一時保育利用
(上記で情報提供した保育所に限らない)を利用した大会参加者。

《支出内容》
イベント保育利用については、お子さまの2名まで2日間1万円、3名以降は50%(5000円/人)
の支給とする。託児利用についてはお子さま1名につき2日間で1万円を学会から支給、
利用者2名以降は50%(5000円/人)の支給とする。

《支給方法》
支給は、利用者の口座に大会後振り込む。ただし託児所利用の場合は、信憑書類の提示と
引き換えに行う。

(お問い合わせ 大門信也(関西大学) sdaimon〔アットマーク〕kansai-u.ac.jp)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発 行 環境社会学会 会長 谷口吉光(秋田県立大学)
□事務局 アカデミーセンター (株)国際文献社内 環境社会学会事務局
 〒162-0801 東京新宿区山吹町358-5
 E-mail jaes-post〔アットマーク〕bunken.co.jp
□編集・送信 植田今日子(上智大学・事務局長)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更は、上記までメールか郵便で
 ご連絡ください。
□メールマガジン掲載依頼(毎月10日・25日締切)、その他のお問い合せは、
 上記事務局までお願いいたします。
□年会費の振り込み先:郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━