━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■         環境社会学会メールマガジン         ■■

                        第383号  2018/06/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

目次
 

高木仁三郎市民科学基金研究成果発表会2018のお知らせ(630日・71日)

 

 

 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ ┃高木仁三郎市民科学基金研究成果発表会2018のお知らせ(63071日)
┗━┛

以下の日程で市民科学研究成果発表会 2018を開催いたします。
2018年6月30日(土)・7月1日(日)
http://www.takagifund.org/activity/2018/20180606rrm.html

 

【趣旨】

高木仁三郎市民科学基金(高木基金)は、核や原子力の問題を

在野の立場から批判的に研究し、2000年に亡くなった高木仁三郎
の遺志によって設立され、仁三郎の遺産と、基金の主旨に共鳴
する一般の方からの会費・寄付を財源として、「市民科学」を
志す市民やグループの調査研究・研修を助成しています。

 

この成果発表会では、2017年度に高木基金の助成を受けて
実施された調査研究の成果を広く一般のみなさんに報告します。
研究の分野は多岐にわたりますが、いずれも市民社会に大きな
影響を及ぼす問題でありながら、行政や一般の研究者が
取り上げないものを、普通の市民や市民グループなどが地道に
調査・研究しているものです。

 

今回は、2日間にわたって、15件の助成研究についての
発表・意見交換を行います。一部の時間帯だけの参加も可能
ですが、複数の助成研究に共通する課題をめぐる議論なども
ありますので、お時間の許す限り、ご参加いただき、率直な
ご意見やご助言などをお聞かせいただくなかで、研究成果を
深める場にしたいと思います。

 

【開催概要】

2018年6月30日(土) 9:30開場 10:00開会 18:00頃閉会

7月0 1日(日) 9:30開場 10:00開会 16:30頃閉会

 

YMCAアジア青少年センター 9階 国際ホール

http://www.ayc0208.org/hotel/jp/access-access.html

 

JR総武線「水道橋」駅より徒歩7分

地下鉄「神保町」駅より徒歩8分

◆参加費(資料代)1,000円( 2日間共通)

◆申込み 6月28日(木)までにメールで

info@takagifund.org > までお申し込み頂けると助かります。

(申込みされていない方の当日参加も可能です。)

 

【プログラム】
【第1日 午前の部】

1)被ばく労働を考えるネットワーク「原発労働者の労働安全・
補償制度と被曝労働災害の実態に関する国際調査」

 

2)新外交イニシアティブ「米国政府・政界・学界等における

原子力エネルギー政策の検証:連携の可能性を求めて」

 

3)駒ヶ根の環境を守る会「放射性廃棄物の拡散防止のために
地方自治の果たす可能性に関する調査研究」

 

【第1日 午後の部】
4) 霞ヶ浦漁業研究会「霞ヶ浦導水事業の生物多様性影響評価研究」

 

5)貝類多様性研究所/泡瀬干潟を守る連絡会
「沖縄県沖縄市泡瀬干潟の埋立工事に伴う干潟環境・生物相変化の研究」

 

6)モザンビーク開発を考える市民グループ
「アフリカ小農主体の開発・援助に関する調査研究〜日本社会に向けた提言」

 

7)永野いつ香「水俣市茂道の歴史的形成過程と水俣病発生前後の住民の生活」

 

8)原子力規制を監視する市民の会「原子力規制行政の監視・検証」

 

9)行動する市民科学者の会・北海道「北海道の原発と地層処分問題の科学的検討」

 

【第2日 午前の部】
10)ふくいち周辺環境放射線モニタリング・プロジェクト
「福島県南相馬市を中心とした空間および土壌の放射線測定」

 

11)伊藤延由「身の回りの放射能汚染測定を通して福島県飯舘村に
居住することの意味を考える」

 

12)Annakaひだまりマルシェ「群馬県における汚染状況重点調査地域

を中心とした放射性物質の健康への影響に関する調査研究」

 

【第2日 午後の部】
13)いわき放射能市民測定室たらちね「たらちねβ線放射能測定プロジェクト」

 

14)乳歯保存ネットワーク「個人の被曝量を特定できるストロンチウム90の
測定法の確立および乳歯保存・測定のためのラボ建設」

 

15)みんなのデータサイト(小山貴弓)

「土壌および食品の放射能汚染データベースの解析と活用」

 

16)総合討論

 

タイムテーブルの詳細は ↓ こちらを御覧ください。

http://www.takagifund.org/activity/2018/20180606rrm.html#002

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発 行 環境社会学会 会長 谷口吉光(秋田県立大学)
□事務局 アカデミーセンター (株)国際文献社内 環境社会学会事務局
〒162-0801 東京新宿区山吹町358-5
E-mail jaes-post〔アットマーク〕bunken.co.jp
□編集・送信 植田今日子(上智大学・事務局長)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更は、上記までメールか郵便で
ご連絡ください。
□メールマガジン掲載依頼(毎月10日・25日締切)、その他のお問い合せは、
上記事務局までお願いいたします。
□年会費の振り込み先:郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━