━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■         環境社会学会メールマガジン         ■■
                        第408号  2019/05/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

目次
 
■学会費値上げの提案について(会長からのお知らせ)
 
■第59回環境社会学会大会(6月8・9日明治学院大学)のお知らせ(概要)
 

 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ ┃学会費値上げの提案について(会長からのお知らせ)
┗━┛
 学会員の皆様、いつも環境社会学会の活動にご理解・ご支援をいただき
ありがとうございます。
 
さて、来る6月8日に開かれる第31回総会において、学会費の値上げを
ご提案させていただくことになりました。大変申し訳なく思っておりますが、
以下のような事情が重なり、昨年度に引き続き2年続けて赤字決算が避け
られない状況になっています(正確な金額は総会当日にお示しいたします)。
 
理事会としては収支改善のためにできるだけの措置を行いましたが、赤字の
背景には当学会が抱える構造的な問題があり、理事会の努力だけでは赤字
を解消することはできませんでした。この状態を放置すると、今後も毎年約
50〜100万円の赤字会計が続き、3年程度で繰越金(約500万円)を使い切って
しまうおそれがあります。
こうした事態を避けるために、3月29日の理事会で、会費値上げを総会で
提案することを決定いたしました。学会が置かれた状況を会員の皆様にも
理解していただきたく、総会に先立ってメールマガジンでご説明させて
いただくことにいたしました。
ご質問やご意見があれば、何なりと谷口までお寄せ下さい
tani@akita-pu.ac.jp
 
1)赤字を生み出した要因
 第1に会員数の減少傾向。2010年度635名だったのが、現在では550~560名
 と70~80名減少しています。
 第2に会費納入率の低下。数年前には80%程度だったのが、17年度67%まで
 低下しました。
 第3に学会事務委託先の変更。委託費約60万円だった生協を国際文献社
 (委託費約110万円)に変更して約50万円の支出増加となりました。
 (10月には消費増税が見込まれており、支出増加となります。)
 第4に学会行事や各種委員会に係る旅費の増加。16年度約15万円だった
 のが、17年度約50万円に増加しました。
 第5に18年にはJ-STAGE搭載費として約100万円の支出がありました。
 
2)収支改善のために行った措置
 第1に会費未納者への催促強化。おかげさまで18年度の会費納入率は
 84%に回復しました。
 第2に学会誌制作費(約260万円)の削減。制作費の上限を設定(220万円)
 するほか、制作費削減の可能性について有斐閣と交渉しています。
 学会誌制作依頼先を変更することも検討しましたが、大幅な費用削減は
 見込めないという結論に至りました。
 第3に各種委員会での支出削減の可能性の検討。17年度約50万だった
 会議費は、18年度約6万円に支出削減しました(ただし委員、理事の研究費
 等の財源に頼ったのが実態)。
 
3)会費値上げの提案
 以上を踏まえて、正会員7,000円を9,000円に、学生会員4,500円を5,000円に
 値上げ(2016年度に導入された値下げ以前の水準)することを提案いたします。
 値上げとそのほかの経費削減措置を合わせて、赤字解消をめざします。
 
4)それ以外に必要な措置
 以上が会費値上げに関する説明ですが、会員数が550名程度の現状では
 将来も財政状況は厳しいままだと思われます。抜本的対策は会員を増やす
 ことしかありません。大学院生の確保が厳しいと言われている現状で、
 可能性は2つあると思います。
 ひとつは環境社会学会が他の研究分野の学会と積極的に交流し、環境社会学
 の有効性や魅力を発信して、他分野の会員を増やすこと。
 もうひとつはNPOや行政など実践者への発信を強化して、実践者の入会を増やす
 ことです。理事会では、こうした問題意識に立って、情報発信を強化するためにも
 学会のウェブサイトのリニューアルを提案する予定です。
 学会の持続的発展に向けて、会員の皆様に一層のご理解とご協力をお願い致します。
 
 環境社会学会長 谷口吉光
 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ ┃第59回環境社会学会大会(6月8・9日明治学院大学)のお知らせ(概要)
┗━┛
■開催概要
【日 時】2019年6月8日(土)~9日(日)
【場 所】明治学院大学白金キャンパス 2号館
 (東京都港区白金台1-2-37)
 https://www.meijigakuin.ac.jp/access/
 
【参加費】一般 2000円、院生学生 1000円
【懇親会】6月8日 18:00〜学内パレットゾーン1階
    参加費 4000円(受付時にお支払いください)
 
■大会スケジュール(予定)
 確定版は、プログラムとともに5月下旬にお知らせする予定です。
 
 6月8日   13時        受付開始
       13時半~15時半   企画セッション(1)
       16時~17時半    総会
       18時〜20時     懇親会

 6月9日   9時~11時      自由報告(1)
       11時10分~13時10分 自由報告(2)
       14時10分~16時40分 企画セッション(2)
 
■大会要旨集について
 今大会では開催校による要旨集の印刷はおこなわず、学会ホームページから
 ダウンロードしていただくことになりました。
 ダウンロードは6月1日から可能になる予定です。
 
■昼食について
 8日(土)は、学食が開いております(13時半まで)
 9日(日)は、学内の食堂が開いておりません。
 近隣にコンビニがあり、徒歩10分程度に数軒の飲食店があります。
 (以下のランチマップPDFファイルをご参照ください)。
 MG_Lunchmap
 
■託児について
 学内での託児サービスは予定しておりません。
 また、近隣の民間一時託児は比較的高額で、週末は混雑しますので、
 学会の託児補助をご利用の際はご留意ください。
 また、今大会でも、お子様連れでの参加は可能です。
 
【開催校連絡先】
 藤川 賢(明治学院大学)
 fujikawa〔アットマーク〕soc.meijigakuin.ac.jp
 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発 行 環境社会学会 会長 谷口吉光(秋田県立大学)
□事務局 アカデミーセンター (株)国際文献社内 環境社会学会事務局
 〒162-0801 東京新宿区山吹町358-5
 E-mail jaes-post[アットマーク]bunken.co.jp
□編集・送信 植田今日子(上智大学・事務局長)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更は、上記までメールか郵便で
 ご連絡ください。
□メールマガジン掲載依頼(毎月10日・25日締切)、その他のお問い合せは、
 上記事務局までお願いいたします。
□年会費の振り込み先:郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━