━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■         環境社会学会メールマガジン         ■■

                  第441号  2020/5/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 第61回大会の開催時間予定(6月14日開催)(再掲)
 
■ 第61回大会における自由報告の募集再開(5月25日締切)(再掲)
 
■ 第61回大会の参加申し込み開始(6月10日締切)(再掲)
 
■ JST 新型コロナウイルス感染症関連の国際共同研究課題について緊急募集
 
■ JST SDGs の達成に向けた共創的研究開発プログラム募集のお知らせ(6月3日締切)
 
■ 日本学術会議主催学術フォーラム「メディアが促す人と科学の調和ーコロナ収束後の公共圏を考えるー」(7月16日開催)
 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃第61回大会の開催時間予定(6月14日開催)(再掲)
┗━┛
 
4月30日締め切りの自由報告への意向調査にご協力いただきまして、ありがとうございました。
この結果を踏まえて、6月14日(日)の開催時間を以下のように予定することにいたしました。
いずれも既報通り、オンライン(Zoom)での開催となります。
 
9時30分~11時50分 自由報告[1](35分×4本)
13時00分~15時20分 自由報告[2]
15時30分~17時30分 総会(奨励賞の公表を含む)
 
※自由報告部会は35分×4本=140分を1単位とします。
※同一時間帯に複数の部会を開催する可能性があります。
※最終的な申し込み数によって、変更する可能性があります。

 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃第61回大会における自由報告の募集再開(5月25日締切)(再掲)
┗━┛
 
メールマガジン第435号(4月1日)を通じていったん停止しておりました
第61回環境社会学会大会の自由報告募集を再開いたします。
 
★自由報告(6月14日)の募集(5/25まで)
*1報告あたり35分(報告20分+質疑15分)を基本とします。
(報告数により変更になる場合があります)
【申込締切】2020年5月25日(月)
【申込方法】下記の宛先へEメールにてご応募ください
※非会員の方は、申込時までに入会手続きを済ませてください。
※申込締切から1週間程度で担当より受理/不受理の通知を致します。
【申込宛先】
川田美紀(大阪産業大学)mkawata [at]est.osaka-sandai.ac.jp
 
【申し込み時の記載事項】
1)報告タイトル
2)報告者氏名・所属
3)連絡先(住所・電話・Fax・Email)
4)報告要旨※
5)Zoomにおける画面共有予定の有無
 
【報告要旨の形式】
・要旨集は各報告2頁(A4)で組みます。1頁あたり40字×40行で、報告タイトルと報告者氏名・所属を含み、2頁以内に収まるよう、字数を調整してください。
・自由報告の応募の際の要旨執筆、および報告原稿作成時において、誤字脱字、内容に関する引用トラブル、フォーマットからの逸脱による報告要旨集作成時のトラブルなどが相次いでおります。ご自身によるチェックの徹底をお願い致します。
・要旨集に掲載されたタイトルを報告時に変更することのないようご留意ください。
 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃第61回大会の参加申し込み開始(6月10日締切)(再掲)
┗━┛
 
以下のフォームから、第61回大会の参加申し込みを受け付けます(自由報告は非会員の方も参加可)。
 
自由報告の発表申し込みをされる方も、別途こちらで参加登録をお願いします。また、自身は報告しないが自由報告を聞きに参加される方、総会のみに参加される方など、自由報告、総会のいずれか、あるいは両方に参加予定のある方は以下のフォームにて、参加登録をお願いいたします。
 
https://forms.gle/6Csk5EwVf3MwF7qc6
(グーグル・フォームが開きます)
 
申し込みいただいた方に、ZoomのミーティングIDとパスワードを大会直前にお知らせいたします。
 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃JST 新型コロナウイルス感染症関連の国際共同研究課題について緊急募集
┗━┛
 
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止に関する研究支援を緊急的に行うため、国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)の公募を4月24日より開始いたしました。今回は、純粋な医学分野以外の新型コロナウイルス感染症に関係した国際共同研究課題を緊急募集し、公募締め切りを待たずに応募頂いた提案を順次審査をして採択し、支援していく予定です。詳細は次のサイトをご覧下さい。
 
https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_rapid_7th.html
 
英語による案内は、次のリンクにあります。
 
https://www.jst.go.jp/inter/sicorp/download/announce_rapid_7th/eng_guidelines.pdf
 
ご不明な点などございましたら、以下にご連絡ください。
 
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 国際部 火口、ルデンスタム
TEL:03-5214-7375  FAX:03-5214-7379
E-mail : rapid(at)jst.go.jp  (at)を@にしてください。
 
※政府の緊急事態宣言を受け、事務所に出勤している人数が限られているため、問い合わせは原則メールにてお願いいたします。
また、ホームページで最新情報のご確認をお願いいたします。
 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃JST SDGs の達成に向けた共創的研究開発プログラム募集のお知らせ(6月3日締切)
┗━┛
 
JSTの社会技術研究開発センター(RISTEX)および「科学と社会」推進部では、
「SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム」(SOLVE for SDGs)の新規提案の
募集を行っています。SDGsの達成に向けて目指すべき姿(ビジョン)を描き、
国内の地域における社会課題を特定し、その解決策を実証する研究提案を募集中です。
 
【募集期間】2020年4月3日(金曜日)~2020年6月3日(水曜日)正午
 
【詳細URL】https://www.jst.go.jp/ristex/proposal/current/proposal_2020.html
 
【本件のお問い合わせ先】
  国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
  社会技術研究開発センター/「科学と社会」推進部 SOLVE担当
   E-mail: boshusolve*jst.go.jp(*を@に変更して送信して下さい)
 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃日本学術会議主催学術フォーラム
┗━┛「メディアが促す人と科学の調和ーコロナ収束後の公共圏を考えるー」(7月16日開催)
 
・日時:2020年7月16日(木)13:00-17:00(受付開始12:30)
 
・場所:日本学術会議講堂 ※オンライン開催に変更の場合があります。
 
・主催:日本学術会議
 
・開催趣旨:
 昨今、一般向け科学雑誌が次々と撤退する中、多くの市民はどのように科学
 の情報を得ているのか、また政府とメディアと大学等の関係は時代とともに
 どのように変化し、政策に科学情報はどのように反映されているのか、様々
 な立場の科学関係者が議論する。
 特に、海外メディアの視点とインターネット情報に焦点をあて、新型コロナ
 ウイルス収束後の公共圏の在り方を考える。
 
・次第: http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/288-s-0716.html
 
・定員:250名(先着)(参加費無料)
 
・要・事前申し込み:以下のURLからお申し込みください。        
 https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0110.html         
 
・アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」下車、
      5番出口(青山霊園方面)より徒歩1分
 
・問合せ先:
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
 電話:03-3403-6295
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発 行 環境社会学会 井上真(会長)
□事務局 アカデミーセンター (株)国際文献社内 環境社会学会事務局
〒162-0801 東京新宿区山吹町358-5
E-mail jaes-post[アットマーク]bunken.co.jp
□編集・送信 浜本篤史(事務局長)
□メールアドレス・住所・所属など個人情報の変更は、上記までメールか郵便で
ご連絡ください。
□メールマガジン掲載依頼(毎月10日・25日締切)、その他のお問い合せは、
上記事務局までお願いいたします。
□年会費の振り込み先:郵便振替口座:00530-8-4016 口座名:環境社会学会