環境三学会合同シンポジウム2006のおしらせ

——————————————————————————–

「環境三学会合同シンポジウム2006」を、来る6月11日(日)に明治学院大学白金キャンパスにて、以下のプログラムで行いますので、お知らせいたします。ふるってご参加くださいますようお願いいたします。詳細につきましては、後日、メルマガにて改めてお知らせいたします。

環境社会学会研究活動委員会

——————————————————————————–

環境三学会合同シンポジウム「環境政策研究のフロンティアVII」

主 催  :環境法政策学会・環境経済・政策学会・環境社会学会 
日 時  :2006年6月11日(日)13:30~17:30
場 所  :明治学院大学白金キャンパス 3号館3204教室

      http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/

      (バス停正面の正門からお入りください)

テーマ  :コモンズの現代的意義

趣 旨  :
 今日の環境問題の中でも、森林、水系、歴史的環境保全、世界遺産等をめぐって、近代的私的所有と慣習的共同所有、所有と共同利用、経済開発とコミュニティ維持といった問題群は、法制度、経済活動、社会組織を研究する社会科学系の環境研究にとって、かねてから重要なテーマであったと思われる。と同時に、各ディシプリン内部で蓄積されてきた研究成果が、学会の垣根を越えて広く議論されたり、異なった分析視角からの検証を受けたりする機会もあまり多くはなかった。今回は、こうした意味で、特に具体的な研究対象は限定せず、各研究分野から何らかの形で「コモンズ」と環境問題をテーマとしておられる方にご登壇いただき、上のような趣旨で多面的な問題提起をしていただき、議論を深めていきたい。

報告者  :
 加藤峰夫(横浜国立大学大学院、環境法政策学会)
 森元早苗(岡山商科大学、環境経済・政策学会)
 菅 豊 (東京大学、環境社会学会)
コーディネータ:
 脇田健一(龍谷大学、環境社会学会)

参加費  :1000円(資料代)
問い合わせ先:明治学院大学社会学部社会学科 藤川研究室
       〒108-8636港区白金台1-2-37
       fujikawa@soc.meijigakuin.ac.jp

プログラム
開会挨拶 13:30
第1部 報 告(13:35~15:35)
報告1:環境法の視点から(13:35~14:15)
   「『コモンズ』としての国立公園(自然公園/自然地域)」
   加藤峰夫(横浜国立大学大学院、環境法政策学会)
報告2:環境経済学の視点から(14:15~14:55)
   「慣行共有林と漁民の森からみたコモンズの意義と課題」
   森元早苗(岡山商科大学、環境経済・政策学会)
報告3:環境社会学の視点から(14:55~15:35)
   「総有論-環境社会学のコモンズ論の可能性」    
   菅 豊(東京大学、環境社会学会)

休 憩:15:35~16:00

第2部 パネルディスカッション(16:00~17:30)
コーディネータ  脇田健一(龍谷大学、環境社会学会)
         加藤峰夫(横浜国立大学)
         森元早苗(岡山商科大学)
         菅 豊 (東京大学)
閉会挨拶