発表募集:社会と自然資源管理にかかわる国際大会(ISSRM)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 発表募集:社会と自然資源管理にかかわる国際大会(ISSRM)
┗━┛

発表募集:社会と資源管理にかかわる国際大会
Call for paper: International Symposium on Society and Resource Management

自然と社会にかかわる学際的な学術雑誌Society and Natural Resourcesで知られるIASNR(The International Association for Society and Natural Resources)(http://www.iasnr.org/)が毎年開催しているInternational Symposium on Society and Resource Management(ISSRM)が、今年は米国(マディソン)及びマレーシア(コタキナバル)で以下のように行われます。

6月4~8日 米国ウィンスコンシン州マディソン
(http://www.issrm2011madison.iasnr.org/)
6月13~17日 マレーシア・サバ州コタキナバル
(http://www.issrm2011malaysia.iasnr.org/)

 この学会は、自然環境にかかわる社会科学的な国際学会であり、社会学、地理学、政治学、野生生物管理学など学際的な研究者・実務家(政府、NGO)が集まります。扱われるテーマは、自然公園管理、資源管理と住民、野生動物管理、エコツアー、地域発展と環境など、環境社会学会で扱われるテーマと多く重なります。
 また会議のあとにはエクスカーションも用意されています。
口頭発表、ポスター発表の募集が始まっており、発表の応募締め切り(要旨の提出を含む)は2月25日です。
 開催の詳細や応募要領などは、上記ウェブサイトをご覧ください。登録等もすべてウェブ上で行うことになります。
 例年日本からの参加はそれほど多くなく、日本の環境社会学からの参加が待たれます。ぜひご応募ください。

(北海道大学・宮内泰介)