特別研究例会「修士論文発表会」のお知らせと発表者募集

環境社会学会特別研究例会「環境社会学・修士論文発表会」を
下記のとおり開催しますので、発表者を募集します。

日時:2012年5月12日(土)9:30-12:00(予定)
   ※開催時間は発表者数に応じて変更することがあります。
   ※同日午後、環境社会学会・林業経済学会合同の研究例会を開催します。
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
   ボアソナードタワー19階D会議室
  http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
主催=環境社会学会

<研究例会の趣旨>
環境社会学会主催の修士論文発表会は、2001年度から継続的に開催していましたが、
2010年度は東日本大震災の影響でやむなく中止にいたしました。2009年度も発表者
数が不足し、中止としましたので、3年ぶりの開催となります。
この例会は、環境社会学にかんする修士論文の成果を発表していただきます。例年、
聴衆からの建設的なコメントによって、発表者、聴衆の双方にとって新たな発見が
もたらされる充実した集まりになっています。
この例会を通じて、さまざまな大学院で同分野の研究をしている若手研究者の学問的
出会いの場、さらに今後の研究テーマを展望する上で貴重な意見交換の場にできれば
と考えます。ふるってご参加ください。

なお、発表申込が2件未満の場合には、発表会を中止させていただきます。詳細は
4月中旬にご案内する予定です。
また、2011年3月の発表会を東日本大震災の影響で中止としたことから、今回に限り、
2010年度に修了された方の発表申込を受け付けます。ただし、発表申込が多数となり、
会場のキャパシティや開催予定時間を大幅に超過してしまう場合には、2011年度に修了
された方の発表を優先し、2010年度に修了された方には発表をご遠慮いただく場合が
あることをご了承ください。

<発表者の募集>
申込資格:2010-2011年度に修士課程を修了した方(非会員でも可)
申込期限:2012年4月18日(水)必着
申込先および問合せ先:茅野恒秀(岩手県立大学)
 chino[at]iwate-pu.ac.jp
    ↑[at]を@に変えて送信してください
申込方法:下記の事項をすべて記載した上で、電子メールでお送りください。

■申込み時の記載事項(プログラム掲載用)
1)論文のタイトル
2)報告者氏名、所属 ※修了時のご所属か現在のご所属かを明記
3)連絡先(電子メール)
4)内容要旨(400字程度で;メール本文にベタ打ち)
5)論文(発表)のキーワード(3~5語)
6)使用希望機器(会場の都合によりご希望にそえない場合もあります)
7)修了年度(2011年度または2010年度)

申し込みをされた方には、後日に、より詳細な論文の要旨
(3000字程度)をメールで提出していただきます(5月2日(水)必着)。
一報告の持ち時間は35~40分(発表20分+質疑応答15~20分)の予定です。

※会員の皆様には、報告が可能な方に本発表会での発表を
 勧めていただきますようお願い申し上げます。