環境三学会合同シンポジウム2012のお知らせ

環境三学会合同シンポジウム2012
「エネルギー政策の大転換」のお知らせ

 原発事故を受けて喫緊の課題となっているエネルギー・環境政策の抜本的な立て直しについて,環境政策研究の視点から議論する公開シンポジウム(主催:環境社会学会など,後援:科学技術社会論学会)が下記の通り開かれます。問題の真の所在と検討すべき選択肢は何か,科学技術と政策の絡む不確実性の高い課題をめぐって,いかに国民的な議論を進めていくべきかなどをテーマに,議論が行われます。皆様ふるってご参加ください。
 なお,配付資料などの準備もありますので,事前に申し込みの上,ご参加くださるようお願いいたします。

・ 日時:2012年7月1日(日) 13:00〜16:30
・ 場所:K.G.ハブスクエア大阪(関西学院大学大阪梅田キャンパス)1004号室
    大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー10階
    阪急「梅田」駅 茶屋町口改札口から徒歩5分
   【アクセス】http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
・ 参加費:1,000円(当日会場で申し受けます)
・ 主催:環境法政策学会,環境経済・政策学会,環境社会学会
・ 後援:科学技術社会論学会
・ プログラム
 主催者挨拶 宮内泰介(社会/北海道大学大学院文学研究科)
 13:10〜13:45 報告1 長谷川公一(社会/東北大学大学院文学研究科)
「いかにして原子力政策の転換をはかるのか」
 13:45〜14:20 報告2 黒川哲志(法/早稲田大学社会科学総合学術院)
「エネルギー政策における考慮事項と実現の法的仕組み」
 14:20〜14:55 報告3 吉田文和(経済/北海道大学大学院経済学研究科)
「原発ゼロのシナリオ―原発なしでも電力を供給できるか―」
 14:55〜15:10 休憩
 15:10〜15:25 コメント
    八木絵香(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)
 15:25〜16:30 パネルディスカッション
    パネリスト:長谷川公一,黒川哲志,吉田文和,八木絵香
    進行:三上直之(社会/北海道大学高等教育推進機構)
 閉会挨拶 鬼頭秀一(社会/東京大学大学院新領域創成科学研究科)

【参加申し込み方法】6月15日(金)までに,お名前,ご所属,連絡先(メール・電話)を明記の上,下記の宛て先へメールでお申し込みください。
【申し込み・問い合わせ先】三上直之(北海道大学/環境社会学会研究活動委員)
メール:sympo2012[@]high.hokudai.ac.jp