第47回環境社会学会大会(プログラム)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃第47回環境社会学会大会(桃山学院大学)のお知らせ(第二報)
┗━┛

第47回環境社会学会大会(桃山学院大学)の大会スケジュールが確定しました。
ニューズレターでお知らせしたものから変更されています。
大会初日の昼食や託児サービスについての案内も含まれていますので、ご確認ください

■場所:桃山学院大学 (〒594-1198 大阪府和泉市まなび野1-1)
(泉北高速鉄道線「和泉中央駅」下車、徒歩約20分)

■大会スケジュール

6月1日(土)
9:00 受付開始
9:45~11:45 
企画セッション (エネルギー転換と地域社会の自立・自律〔大門信也・茅野恒秀〕)

13:00~15:30 
自由報告A(地域資源・文化〔谷口吉光〕4報告)
自由報告B(環境問題と知の諸相〔鬼頭秀一〕4報告)
自由報告C(環境政策・被害・運動〔浜本篤史〕5報告)

15:40~17:40 
企画セッション(福島第一原発事故災害の被害と復興を考える ──原発避難者・被災者
の生活再建と脱原発政策をいかに統合するか〔舩橋晴俊・山下祐介〕)
企画セッション(地域力で活かすバイオマス〔堀史郎〕)

17:50~18:50 総会
19:00~20:30 懇親会

6月2日(日)
9:20~11:20 
企画セッション (軍事被害の環境社会学〔熊本博之〕)
企画セッション(環境社会学における実践と現場①〔丸山康司〕)

11:30~13:30 
企画セッション(終わらない被災の時間:福島原発事故後の遷延化した不安、ストレス、
対処行動の社会学的分析〔成元哲〕
企画セッション(環境社会学における実践と現場②〔丸山康司〕)

【開催校連絡先】
大倉季久(桃山学院大学)
suehisa[アットマーク]andrew.ac.jp

■大会参加費
正会員2000円、学生会員1000円、非会員2000円

■交通案内
和泉中央駅まで
(1)新大阪・梅田(大阪駅)方面から:地下鉄御堂筋線なかもず行きを利用、なかも
ず駅で泉北高速鉄道に乗り換え。和泉中央行きで終点まで。約1時間
(2)なんば方面から:南海難波駅より、泉北高速鉄道直通、準急行和泉中央行きを利
用。終点まで、約35分
(3)大阪国際空港(伊丹空港)から:大阪空港駅から大阪モノレール門真市行きを利
用。千里中央で乗り換え、千里中央駅から地下鉄御堂筋線なかもず行を利用。なかもず
駅で泉北高速鉄道和泉中央行きに乗り換えて終点まで。約1時間半
(4)関西国際空港から:リムジンバス(泉北ニュータウン・金剛・河内長野行き)で
和泉中央駅まで。空港第2ターミナルから約50分、第1ターミナルから約35分

和泉中央駅から会場まで
(1) 徒歩の場合
改札正面にあるエスカレーターを登って左に折れてください(キャンパスまでは20分
弱かかります)。当日は各所に案内員を配置する予定です。
(2)バスを利用する場合
改札を出てエスカレーターの手前を左に折れるとバス停があります。3番乗り場から「
美術館前」ゆき、もしくは「松尾寺」ゆきに乗車、「緑ヶ丘団地」で下車(運賃は160
円)。降車直前、右手に大学の正門が見えます。
(3)タクシーを利用する場合
改札を出て直進するとタクシー乗り場があります(料金は900円程度)。

■宿泊について
大学の近隣には目立った宿泊施設はございません。交通の便を考えると梅田(大阪駅)
、天王寺、なんば周辺が便利です。なお、宿泊のあっせんはいたしません。

■大会1日目の昼食、および託児(両日)の事前申込みについて
託児サービスと、1日目の昼食(お弁当)については事前の申込みをお願いいたします
。希望される方は以下のwebサイトよりお申込みください(*5月10日まで)。

http://start.cubequery.jp/ans-00992883

*両日とも学内の食堂は営業していません。和泉中央駅改札周辺、およびキャンパス正
門を左に折れて進むとコンビニがあります。
*託児については、申し込みいただいた後、事務局より詳細をお知らせいたします。

■懇親会について
1日の夕方に学生食堂にて懇親会を行います。費用は4000円程度(学生3000円程度)を
予定しています。(懇親会は事前申し込みの必要ありません)