環境社会学会研究例会(環境三学会合同シンポジウム事前研究会)のおしらせ(申込み5/11;開催5/12)

7月9日(日)に開催予定の環境三学会合同シンポジウムに向けた事前研究会として,下記の研究例会を開催いたします.

【テーマ】 公害対策基本法制定50周年と環境社会学
【日時】 5月12日(金)13:00~15:00
【会場】 立正大学品川キャンパス 11号館114D教室
http://www.ris.ac.jp/introduction/outline_of_university/introduction/shinagawa_campus.html
【内容】
1.話題提供
「公害対策とその後の環境運動-健康被害救済の位置づけ」 藤川賢(明治学院大学)
「環境経済・政策学からみた『公害対策基本法制定からの50年』」 荒川康(大正大学)
2.意見交換
環境三学会シンポジウム登壇者の堀田恭子会員を囲んで,同シンポジウムのテーマである「 公害対策基本法制定50周年からみる環境問題の変遷」について意見交換します.
参加費:無料
参加申込みについて:資料と会場準備の関係で,前日(5月11日)までにお名前とご所属を明記して下記宛メールで申し込みください.
また,当日は授業日ですので,会場案内等はいたしません.参加申込み後の案内メールで,会場の詳細についてお知らせします.
事務担当(申込み先):大塚善樹 otsuka[アットマーク]tcu.ac.jp