環境三学会合同シンポジウム2017のおしらせ(申込み6/30;開催7/9)

「公害対策基本法制定50周年からみる環境問題の変遷」

日時:2017年7月9日(日)13:00~17:30(開場 12:40)

会場:キャンパスプラザ京都5階第1講義室
(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路939 京都市大学のまち交流センター)

主催:京都大学経済学研究科、環境経済・政策学会、環境社会学会、環境法政策学会

プログラム

開会挨拶(13:00~13:10)  赤尾健一(環境経済・政策学会会長/早稲田大学教授)

第一部 報告(13:10~15:10)
公害被害の顕在化と環境運動-新潟水俣病・油症事件から制度構築を考える
堀田恭子(環境社会学会/立正大学准教授)
公害対策基本法制定後の法発展と課題-手続・参加・持続可能性の観点から
島村 健(環境法政策学会/神戸大学法学研究科教授)
公害対策がもたらした逆説:産業構造転換、イノベーション、経済発展
諸富 徹(環境経済・政策学会/京都大学経済学研究科教授)
休憩(15:10~15:30)

第二部 パネルディスカッション(15:30~17:20)

コーディネータ:松下和夫(京都大学名誉教授、(財)地球環境戦略研究機関)
パネリスト:第一部報告者、コメンテータ

コメント
-環境政策史の視点から      喜多川進(山梨大学生命環境学部准教授)
-地方公害・環境行政の視点から  山本達也(元大阪府環境農林水産部循環型社会推進室長)
フロアからの質問への応答を交えた総合討論

閉会挨拶17:20~17:30                  環境社会学会(次年度幹事学会)

_____________________________________
参加申込方法
  6月30日(金)までに、お名前、ご所属、連絡先(電話・FAX等)を明記の上、下記担当までメールまたはFAXにてお申し込みください。参加費は不要です。

問い合わせ・申込先:kankyo3gakkai[アットマーク]mbr.nifty.com  03-5841-8534(FAX)
    3学会合同シンポジウム2017担当:森口祐一(環境経済・政策学会/東京大学)

キャンパスプラザ京都へのアクセス

アクセス