理事会声明「第25期日本学術会議新規会員任命拒否への異議」(2020年10月6日)

内閣総理大臣は、第25期日本学術会議新規会員候補として日本学術会議が推薦した105名の候補者のうち6名の任命を拒否し、その理由を明らかにしていない。このような決定は、政府による研究者への無言の圧力となり、研究者の自由な発想に根ざした学問の展開と社会の発展を阻害するものである。これに対し、日本学術会議は2020年10月2日、内閣総理大臣に宛て「第25期新規会員任命に関する要望書」を提出した。
 
環境社会学会理事会は、日本学術会議による上記要望書を支持し、同会議が推薦した会員候補者が任命されない理由を明らかにすること、および2020年8月31日付で推薦した会員候補者のうち、任命されていない方について速やかに任命することを求める。